高山駅

マーカーは高山駅です。

高山駅
[高山駅(たかやまえき)は、岐阜県高山市昭和町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)高山本線の駅である。
日本有数の観光地で飛騨小京都とも呼ばれる旧・高山市地域の代表駅として、年間を通して賑わいを見せる。
現在はすべての特急「(ワイドビュー)ひだ」が停車し、特急の約半数が当駅を始終着としている。また一部列車は当駅で車両の増解結を行う。2001年(平成13年)9月30日までは名古屋鉄道(名鉄)のディーゼル特急「北アルプス」がワイドビューひだに併結されて当駅まで1日1往復乗り入れていた。
1934年(昭和9年)10月25日に高山本線開通に合わせて高山駅として設置された。開業時に建設された駅舎は木造大壁造の2階建ての駅舎で、約80年に渡りそのまま使用されてきた。
地元の高山市では、高山駅周辺の交通結節点としての機能強化や中心市街地の活性化を目指して、駅東西の一体的な整備を図る「高山駅周辺土地区画整理事業」を1998年(平成10年)度から開始した。2000年(平成12年)にJR東海と高山市の間で新駅舎の建設が合意され、2016年(平成28年)秋までに東西をつなぐ自由通路を備えた駅舎を完成させることになった。新しい駅舎は橋上駅舎で約1200平方メートルあり、エレベーターとエスカレーターを各ホームに備える。また東西自由通路にもエレベーターとエスカレーターを備える。設計は内藤廣が行い、総工費は約40億円である。
2014年(平成26年)11月30日に建て替え前の駅舎の市民への一般公開が行われ、昭和天皇が使った貴賓室などが公開された。翌12月1日から仮駅舎での営業に移行し、旧駅舎は取り壊されることになった。これに対して駅舎の取り壊し・建て替えの必要性に疑問を呈して意見を述べる動きもあった。 2016年、新駅舎と東西自由通路が完成し、10月2日に供用が開始されている。
東口(乗鞍口)新駅舎(2018年8月)・wikipedia-photo

駅構内・wikipedia-photo

  (wikipedia・高山駅より)]

飛騨高山観光案内所
[JR高山駅前にある飛騨高山観光案内所で外国語(英語)対応を行っています。
高山市昭和町1丁目 高山駅前(電話:0577-32-5328)
業務時間:午前8時30分~午後5時(4月~10月は午後7時まで)
開設日:年中無休  (「外国人に対応できる観光案内所はありますか|高山市」より)]

高山駅構内図

高山駅 – Google Map 画像リンク」「飛騨高山観光案内所 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向が飛騨駅東口です。

カメラ西南西方向が飛騨駅東口で、右方向に観光案内所があります。

匠通り(東西自由通路)のカメラです。

飛騨駅ホームのカメラです。