鶴満寺

マーカーは鶴満寺です。

鶴満寺
[鶴満寺(かくまんじ)は、大阪市北区にある天台真盛宗の寺院。山号は雲松山。本尊阿弥陀如来。観音堂は新西国三十三箇所第3番札所で本尊は子安観音である。
奈良時代大和国で創建されたと伝わる。
寛保3年(1743年)大坂の豪商上田宗右衛門広久が譲り受けて当地に移し、京都上善寺の僧忍鎧を招いて宝暦3年(1753年)堂宇を完成させたという。伝・慈覚大師(円仁)作の阿弥陀如来や伝・仏師定朝作の地蔵菩薩が祀られている。
観音堂に祀られている子安観音は、霊元法皇の後宮である新大納言お局が、皇子勝の宮(嘉智宮)の出産に際して安産祈願のために刻んで奉納したものという。
境内は桜の名所として知られ、樹下に各地の巡礼所の観音仏を安置して百体観音と称し、崇敬を集めていたが、1885年(明治18年)に発生した明治十八年の淀川洪水で流されてしまった。
覚満寺之夕景 (浪花百景)1800年代。南粋亭芳雪/画

    (wikipedia・鶴満寺より)]

鶴満寺山門前のカメラです。