平林寺

ストリートビューの初期設定位置は平林寺山門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[平林寺(へいりんじ)は、埼玉県新座市野火止にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は金鳳山。修行道場として僧堂が設置されている。境内林は、武蔵野の面影を残す雑木林として、昭和43年(1968年)に国の天然記念物に指定されている。
永和元年(1375年)、現在のさいたま市岩槻区に創建。開山は石室善玖(せきしつぜんきゅう)、開基は大田備州沙弥・蘊沢(うんたく)。当初は臨済宗建長寺派。大徳寺派を経て妙心寺派の寺院となった。なお、蘊沢は、岩槻城主・太田道真道灌の父)と同一視されることがあるが、道真は平林寺創建の時点ではまだ生まれていない。
寛文3年(1663年) 川越藩主・松平信綱の遺志をうけて、子の輝綱菩提寺として野火止に移転。
享保3年(1718年)、高玄岱が戴渓堂を建立し、独立性易の持仏を祀り、独立の碑文を書した。
山門・wikipedia-photo、仏殿・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo  (wikipedia・平林寺より)]

カメラ西北西方向が平林寺総門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*