總持寺(成願寺の元寺地)

ストリートビューの初期設定位置は總持寺三門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

總持寺
[總持寺(そうじじ)は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見二丁目にある曹洞宗の大本山で寺紋は五七桐紋である。山号は諸嶽山(しょがくさん)。本尊釈迦如来。境内にある鶴見大学を運営している。
能登国櫛比庄(現在の石川県輪島市)の真言律宗の教院「諸嶽観音堂」が、「總持寺」の前身である。能登の「総持寺」は、明治44年(1911年)の寺基移転にともない「總持寺祖院」と改称されている。
1321年(元亨元年) 曹洞宗4世の瑩山紹瑾は、「諸嶽観音堂」への入院を住職の定賢から請われる。また同年に定賢より「諸嶽観音堂」を寄進され、寺号を「總持寺」、山号は「諸嶽観音堂」にちなみ「諸嶽山」と改名し禅院とする。
元亨2年 後醍醐天皇より「曹洞賜紫出世第一の道場」の綸旨を受けて官寺、大本山となり、曹洞宗を公称する。
住職を5つの塔頭(普蔵院、妙高庵、洞川庵、伝法庵、如意庵)からの輪番制となる。
1615年(元和元年)、徳川幕府より法度が出され、永平寺と並んで大本山となる。
栴崖奕堂以降独住制となる。
1898年(明治31年) 火災で焼失する。
1911年(明治44年) 現在地に移転。現在、旧地に總持寺祖院(石川県輪島市門前町)がある。
永平寺派の「有道会」と並ぶ、「總和会」(總持寺派)の中心寺。
大祖堂(だいそどう)・wikipedia-photo、参道と三門・wikipedia-photo、仏殿・wikipedia-photo、香積台(こうしゃくだい)・wikipedia-photo、向唐門(むかいからもん)・wikipedia-photo  (wikipedia・總持寺より)]

[曹洞宗寺院の総持寺は、諸嶽山と号し、曹洞宗の大本山です。元亨元年(1321)瑩山禅師が能登半島の櫛比庄(現在の石川県鳳至郡)にある諸嶽観音堂に入山し、諸嶽山総持寺と改号、元亨2年(1322)後醍醐天皇より紫衣を拝領、曹洞宗の大本山となったといいます。明治31年(1898)火災により焼失、当地にあった成願寺の寺地を譲り受け、明治40年移転したといいます。東海三十三観音霊場初番札所です。  (「猫のあしあと – 大本山総持寺」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図 」・「成願寺」(5-23)

 

總持寺三松関 – Google Map 画像リンク」「三門 – Google Map 画像リンク」「總持寺向唐門 – Google Map 画像リンク」「總持寺三松閣 – Google Map 画像リンク」「總持寺香積台 – Google Map 画像リンク」「金鶏門 – Google Map 画像リンク」「總持寺中雀門 – Google Map 画像リンク」「總持寺玉兔門 – Google Map 画像リンク」「總持寺大僧堂 – Google Map 画像リンク」「總持寺衆寮 – Google Map 画像リンク」「總持寺鐘鼓楼 – Google Map 画像リンク」「總持寺放光堂 – Google Map 画像リンク」「總持寺仏殿 (大雄宝殿) – Google Map 画像リンク」「總持寺三松関 – Google Map 画像リンク」「曹洞宗大本山總持寺 – Google Map 画像リンク」「總持寺待鳳館 – Google Map 画像リンク」「總持寺紫雲臺 – Google Map 画像リンク」「總持寺大祖堂 – Google Map 画像リンク」「總持寺御霊殿 – Google Map 画像リンク

總持寺三松関前のカメラです。

總持寺三門前のストリートビューです。

總持寺唐門前のカメラです。

總持寺仏殿前のカメラです。

總持寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*