日野宿脇本陣(下佐藤)

ストリートビューの初期設定位置は日野宿脇本陣(下佐藤)前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

日野宿脇本陣(下佐藤)
[日野宿(ひのじゅく)は甲州街道の5番目の宿場町であり、日野市の前身である。宿場町として整備されたのは1605年(慶長10年)のことで、八王子宿を整備した大久保長安の手によって開かれている。本陣跡には本陣としては東京都内で唯一遺された当時の建物(日野市日野本町)が建っている。その前の現在駐車場になっている辺りにあった長屋門を改装して佐藤彦五郎天然理心流の道場を開いた。この道場で剣術を教えていたのがのちの新選組局長近藤勇である。近藤と土方歳三沖田総司井上源三郎山南敬助ら新選組主要メンバーはここで出会った。この向かいに問屋場高札場があったが、現在は石碑が建つのみである。前後の宿場は、府中宿 = 日野宿 = 八王子宿となっている。
日野宿本陣・wikipedia-photo  (wikipedia・日野宿より)]

カメラ南方向が日野宿脇本陣(下佐藤)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*