中山道分間延絵図(大宮宿)

絵地図初期設定画面は大宮宿で、絵図初期設定画面中央の街道石橋(安藤橋)が大宮宿江戸方木戸門になります。右の街道上鳥居は氷川神社一の鳥居で表参道になります。絵地図を右にスクロールすると水路が描かれています、その水路は見沼代用水西縁から分水して流れる高沼用水路になり、そこが「上木崎村(さいたま市大宮区北袋町1丁目)」と「大宮宿吉舗町(さいたま市大宮区吉敷町)」との境界になります。
[吉敷町 – 南端の天沼町との境には高沼用水が流れている。大宮宿吉舗町が地名の由来となっている。  (wikipedia・吉敷町より)]

絵地図初期設定画面左端に「土手宿村(さいたま市大宮区土手町)」と記述され、その上に大宮氷川神社が描かれ、絵地図右方向の表参道に通じる道の左に東光寺が描かれています。東光寺の右方向日光街道下に「本陣(山崎喜左衛門家本陣)」と記述されています。絵地図を右にスクロールすると「大宮宿」と記述され、そこの下に高札場が描かれ、左下中山道に「大門町(さいたま市大宮区大門町)」と記述され、そこの左下に「本陣(臼倉(内倉)新右衛門本陣)」と記述されています。「大門町」右には「新宿中町(さいたま市大宮区仲町)」と記述され、高札場は「大門町」と「新宿中町」の境界にあったと思われます。また、高札場前の記述が「鷹本陣(紀州鷹場本陣)」読める気がします。絵地図右端に安藤橋が描かれています。

絵地図初期設定画面左端に「大成村(さいたま市大宮区東大成町)」と記述され、絵地図を右にスクロールすると「土手宿村」と記述され、その左に「氷川神社裏参道」、上に「大宮氷川神社」が描かれています。さらにその左方向街道内に赤○印が描かれています。そこが「土手宿村」と「大成村」との境界になります。

絵地図初期設定画面左中山道に「大成一里塚」が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「大成村」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「加茂宮村(さいたま市北区宮原町)」、その上に「吉祥院」と記述されています。そこの参道の中山道口左石橋が「天神橋」で、その前が立場になり、向かいに天満宮があります。そこの左上にある鳥居の左方向に加茂神社と記述されています。絵地図を右にスクロールすると石橋(橋供養碑)とその先、野道右に大成一里塚が描かれています。

絵地図初期設定画面に「原村(さいたま市北区宮原町)」、「別所村」、絵地図を右にスクロールすると「鍛冶村」と記述されています。
[1874年(明治7年) – 鍛冶村が加茂宮村に編入される。
1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行に伴い、加茂宮村・吉野原村・奈良瀬戸村・大谷別所村が合併し、加茂宮村の宮と吉野原村の原から名前が採られ宮原村が成立。各旧村は宮原村の大字となる。  (wikipedia・宮原村_(埼玉県)より)]
  
  中山道分間延絵図(浦和宿)    中山道分間延絵図(上尾宿)