中山道分間延絵図(垂井宿)

絵地図初期設定画面に「青野村(大垣市青野町)」と記述され、そこの左下方向、中山道両サイドに「青野ヶ原(青墓)一里塚」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「青墓村(大垣市青墓町)」と記述されています。間の河川は両村の境界となる「大谷川」になります。

絵地図初期設定画面左に描かれる川は「相川」で、二又が「垂井の追分」で下道が美濃路になります。絵地図右端街道内に赤○印が描かれています。そこが「青野村」と「垂井宿(不破郡垂井町)」との境界になります。

絵地図初期設定画面右上に垂井宿京口が描かれ、そこ左の川は「前川」、右上に「本龍寺」、その参道口右方向街道上に「高札場」が描かれ、「高札場」右下街道下に「脇本陣」、「本陣」、絵地図を右にスクロールすると「問屋場」、その上方向に「垂井宿」と記述されています。「垂井宿」右、「相川」に板橋が描かれています。

絵地図初期設定画面の集落は「野上村(不破郡関ケ原町野上)」になり、集落の中を流れる川は平木川になり、そこの左に「つるべ式の井戸(七つ井戸)」が再現されています。右端に「垂井宿」と「野上村」との境界水路が描かれていますが、現在水路は消失しています。絵地図を右にスクロールすると右端手前の「中山道板橋(日守川)」左の街道上下に「垂井一里塚」が描かれています。

絵地図初期設定画面中央左、中山道内の赤丸印は「野上村」と「関ケ原宿(不破郡関ケ原町関ケ原)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると「野上村」と記述されています。

  中山道分間延絵図(赤坂宿)    中山道分間延絵図(関ヶ原宿)