中山道分間延絵図(御嶽宿)

絵地図初期設定画面に「津橋村(可児郡御嵩町津橋)」と記述され、記述左の川は「津橋川」になります。絵地図を右にスクロールすると右端に赤丸印が描かれています、ここが「平岩村」と「津橋村」との境界になります。

絵地図初期設定画面に「謡坂村(可児郡御嵩町謡坂)」と記述され、そこの左下、絵地図中央左に「十本木立場」が描かれ、立場集落内左に「謡坂十本木一里塚」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると画面での中山道最上部が物見峠(「津橋村」と「謡坂村」との境界)になります。
[延絵図では、津橋村から諸之木坂を登る。峠から先は謡坂村になる。坂を下り、十本木立場のある集落の中に、両塚共に描かれている。  (「謡坂一里塚(江戸時代頁)」より)]

絵地図初期設定画面に「西洞村(可児郡御嵩町西洞)」と記述、そこの左下方向街道板橋が「西洞村」と「井尻村(可児郡御嵩町井尻)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると「小原村(可児郡御嵩町小原)」と記述され、「小原村」と「西洞村」間の中央街道に赤○印が描かれています。そこが「小原村」と「西洞村」との境界になります。「小原村」記述下街道が「謡坂」で石畳道となっています。「謡坂」内に赤○印が描かれています。そこが「謡坂村」と「小原村」との境界になり、絵地図右端の集落が「十本木立場」で、集落内に「謡坂十本木一里塚」が描かれています。

絵地図初期設定画面左用水路の右、中山道上下に「栢森の一里塚」が描かれ、街道中央右街道内に赤○印が描かれています。そこが「井尻村」と「御嶽宿」との境界で、絵地図を右にスクロールすると「井尻村(可児郡御嵩町井尻)」と記述され、左の川が「井尻川」で流入先が可児川になります。

絵地図初期設定画面に「中村(可児郡御嵩町中)」、「御嶽宿」と記述されています。その間鍵の手下街道内に赤○印が描かれています。そこが「御嶽宿」と「中村」との境界になります。そこの上に「願興寺」、右の板橋は「唐沢川唐沢橋」で、右上に「本陣」と記述されています。絵地図を右端にスクロールすると絵地図中央、中山道に板橋が描かれています、この川は「坂田川」になります。その右方向、中山道が鈍角に曲がった頂点にある街道横断水路右下に「栢森の一里塚」が描かれています。

絵地図初期設定画面に「顔戸村(可児郡御嵩町顔戸)」、絵地図中央の街道横断水路が「中村」と「顔戸村」との境界になり、絵地図を右にスクロールすると「中村」と記述されています。

絵地図初期設定画面左、街道上に「余内ため池」が描かれ、右方向街道内に赤○印が描かれています。ここが「比衣村(可児郡御嵩町比衣)」と「伏見宿(可児郡御嵩町伏見)」との境界で、絵地図を右にスクロールすると「比衣村(可児郡御嵩町比衣)」、「顔戸村」と記述されています。「比衣村」記述の下、中山道上下に「比衣一里塚」が描かれています。その右二本目の街道横断水路が「顔戸村」と「比衣村」との境界になります。

  中山道分間延絵図(細久手宿)    中山道分間延絵図(伏見宿)