中山道分間延絵図(松井田宿)

絵地図初期設定画面中央左街道上下に赤○印が描かれています。この場所は「郷原村(安中市郷原)」と「松井田宿(安中市松井田町松井田)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると、絵地図右端、家並の左端からの下道が「妙義道」で、分岐点に「郷原の妙義道常夜燈」があったと思われます。

絵地図初期設定画面左に「松井田宿」の集落東端が描かれています。絵地図を右にスクロールすると、街道上下に赤○印が描かれています。この場所は「郷原村(安中市郷原)」と「松井田宿(安中市松井田町松井田)」との境界になります。

絵地図初期設定画面に「松井田宿」と記述され、その下方向、上町街道上に「本陣」、仲町左下に「本陣(金井本陣)」と記述されています。また、仲町と下町の中間、街道上に「脇本陣(徳右衛門脇本陣)」が記述され、下町右端に「江戸口木戸」が描かれています。

絵地図初期設定画面右に「松井田宿」と記述、その左に不動寺、その左側方向絵地図中央に松井田八幡宮が描かれ、その下八幡宮参道口右街道上下に赤○印が描かれています。ここが、「松井田宿」と「新堀村(安中市松井田町新堀)」との境界になります。そこの右に「京口木戸」、街道下に「高札場」が描かれています。また、絵図左端に新堀村の「高札場」が描かれています。「松井田宿」記述下、上町街道上に「本陣」、絵地図を右にスクロールすると、仲町左下に「本陣(金井本陣)」と記述されています。

絵地図初期設定画面左上の鳥居左上に「補陀寺」が描かれ、右に「新堀村」と記述され、絵地図を右にスクロールすると「新堀村」記述右下、街道下に「新堀村」の「高札場」が描かれています。

絵地図初期設定画面上中央左に「諏訪明神」、「金剛寺」と描かれ、そこの右下中山道に「新堀一里塚」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると、右端鳥居の左上に「補陀寺」が描かれています。

絵地図初期設定画面右赤塗りの中山道横断水路が、「新堀村」と「五料村(安中市松井田町五料)」の境界になると思います。絵地図を右にスクロールすると、絵地図右上に「諏訪明神」が描かれています。

絵地図に「五料村」と記述され、その右下に「高札場」が描かれています。高札場の上方向に「五料の茶屋本陣」があることになります。

絵地図初期設定画面左に「夜泣き地蔵と茶釜石がある丸山坂」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「五料村」と記述されています。

絵地図初期設定画面中央に「碓氷神社」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「夜泣き地蔵と茶釜石がある丸山坂」が描かれています。

  中山道分間延絵図(安中宿)    中山道分間延絵図(坂本宿)