中山道分間延絵図(細久手宿)

絵地図初期設定画面中央下の左から二番目の中山道横断暗渠が「大久手宿(大湫宿・瑞浪市大湫町)」と「北野村(瑞浪市日吉町)」との境界、その右の横断暗渠付近が「八瀬沢立場跡・琵琶峠西上り口」になると思います。絵地図右上中山道最上部が琵琶峠でその左下に「八瀬沢一里塚(琵琶峠一里塚)」が描かれています。
[大久手宿を出た中山道は琵琶峠を登る。延絵 図では、この峠を越えた直ぐ先に、街道を挟ん で一里塚が両塚共に描かれている。
 解説書によると、塚の木は松。
一里塚の江戸時代の住所:
 左塚 濃州土岐郡大久手宿字琵琶坂
 右塚 細久手宿外日吉郷拾一ヶ村入会地字琵琶坂
 なお、一里塚の先、峠道を西に下り切った所には、八瀬沢立場と集落が描かれていて、そこから先は、道の左右共に北野村になります。 (琵琶峠一里塚(江戸時代頁)より)]

絵地図初期設定画面左、中山道上に「弁財天の池」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「北野村(岐阜県瑞浪市日吉町北野)」と記述されています。

絵地図初期設定画面中央右上、中山道の画面水平部の右端中山道上下に「奥之田一里塚」が描かれています。絵地図を右にスクロールすると右端街道上に「弁財天の池」が描かれています。

絵地図初期設定画面左端に「平岩川」が描かれ、そこが「平岩辻」になり、そこの左上の鳥居が「日吉町八幡神社」になります。絵地図を右にスクロールすると「細久手宿」と記述されています。「細久手宿」記述左下の鳥居は「日吉・愛宕神社」で、その下が「細久手宿京口」になります。 その右、街道上に「本陣」と記述され、集落右端街道上に「高札場」が描かれています。

絵地図初期設定画面中央左、中山道 凹 部右に「鴨之巣一里塚」が描かれ、そこ左の赤丸印は「津橋村(可児郡御嵩町津橋)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると「平岩村」と記述され、その右下に「日吉町八幡神社」が描かれ、その右下が「平岩川」、「平岩辻」になります。

  中山道分間延絵図(大湫宿)    中山道分間延絵図(御嶽宿)