中山道分間延絵図(芦田宿)

絵地図初期設定画面左端街道両サイドに赤○印が描かれています。そこが「望月宿(佐久市望月)」と「茂田井村(佐久市茂田井)」との境界になります。そこの左上に「濁池(にごりいけ)」が描かれています。

絵地図初期設定画面の集落は「茂田井村」になります。絵地図初期設定画面中央の街道横断水路上に「茂田井村下組高札場」が描かれ、そこの右下の街道横断水路上の鳥居は「神明社」になると思います。絵地図を右にスクロールすると、「望月宿(佐久市望月)」と「茂田井村(佐久市茂田井)」との境界が赤○印で描かれています。

絵地図初期設定画面左中山道に「茂田井一里塚」が描かれ、その右方向街道下に「高札場(茂田井村上組高札場跡)」が描かれ、そこの右下に「無量寺」が描かれ、絵地図右上に「茂田井村(佐久市茂田井北佐久郡立科町茂田井)」と記述されています。絵地図を右にスクロールすると、右下に鳥居が描かれています。そこが、「諏訪神社」になると思います。絵地図右端街道横断水路上に茂田井村下組高札場が描かれています。

絵地図初期設定画面左街道横断水路内に赤○印が描かれています。そこが「茂田井村(北佐久郡立科町茂田井)」と「芦田宿(北佐久郡立科町芦田)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると「茂田井村」集落が描かれ、集落左に「茂田井一里塚」が描かれています。

絵地図初期設定画面に描かれる家並は芦田宿になり、左端中山道横断水路左方向・中山道及び水路上に高札場が描かれ、その上に「本陣(土屋家)」、街道向いに「問屋場」そこの両サイドに「脇本陣」と記述されています。宿外れ鍵の手上に江戸口木戸門が描かれています。絵地図を右にスクロールすると、右端の街道横断水路内に赤○印が描かれています。そこが「茂田井村(北佐久郡立科町茂田井)」と「芦田宿(北佐久郡立科町芦田)」との境界になります。

絵地図初期設定画面右上に「芦田宿」と記述され、左に「山部村(北佐久郡立科町山部)」と記述されています。「山部村」記述の左下、家並街道上両サイドに赤○印が描かれています。そこが「山部村」の街道との接点にになります。

絵地図を右にスクロールすると、右端に「山部村(北佐久郡立科町山部)」と記述されています。
  

  

絵地図初期設定画面左上に「笠取峠一里塚」が描かれています。

絵地図初期設定画面街道中に赤○印が描かれています。ここが「望月宿(佐久市望月)」と「長久保宿(小県郡長和町長久保)」との境界になります。絵地図を右にスクロールすると、「笠取峠一里塚」が描かれています。

  中山道分間延絵図(望月宿)    中山道分間延絵図(長久保宿)