中山道分間延絵図(鳥居本宿)

絵地図初期設定画面に「甲田村(彦根市甲田町)」「中山村(彦根市中山町)」と記述、「中山村」記述の上方向集落右に「摺針一里塚跡」が描かれ、一里塚左の鳥居が「摺針明神」になります。「摺針明神」前中山道に「甲田村」と「中山村」との境界となる赤丸印が描かれています。

絵地図初期設定画面中央に「鳥居本宿」と記述、左に「西法寺村(彦根市鳥居本町)」、右に「上矢倉村」と記述、絵地図を右にスクロールすると「下矢倉村(彦根市下矢倉町)」、「甲田村」と記述されています。「下矢倉村」記述の下は「矢倉川」になります。そこの左街道内に赤○印が描かれています。そこが「下矢倉村」と「上矢倉村(彦根市鳥居本町)」との境界になり、右にも赤○印が描かれ、そこが「甲田村」と「下矢倉村」との境界になります。
[鳥居本村 – 現在の彦根市の東端、鳥居本町とその周辺にあたる。1889年(明治22年)4月1日 – 町村制の施行により、武奈村・男鬼村・仏生寺村・荘厳寺村・善谷村・中山村・笹尾村・原村・小野村・鳥居本村・古西法寺村・宮田村・下矢倉村・甲田村の区域をもって発足。  (wikipedia・鳥居本村より)]

絵地図初期設定画面に「小野村(彦根市小野町)」と記述され、絵地図を右にスクロールすると「百々村(百々村は彦根市鳥居本町のもっとも南側に位置)」、「西法寺村」と記述され、「百々村」上の追分は「彦根道分岐」になり、そこの左方向街道内に赤○印が描かれています。そこが「西法寺村(彦根市鳥居本町)」と「小野村(彦根市小野町)」との境界になります。

絵地図初期設定画面に「原村(彦根市原町)」と記述され、その下に「原八幡神社」が描かれ、その右下中山道上下に「原村一里塚」が描かれています。絵地図右端中山道内に赤丸印が描かれています、そこが「原村」と「小野村」との境界で、絵地図を右にスクロールすると「小野村」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「芹川」が描かれ、そこに赤○印が描かれています。そこが「地蔵村(彦根市地蔵町)」と「正法寺村(彦根市正法寺町)」と「大堀村(彦根市大堀町)」との境界になります。右に「地蔵村」「正法寺村」と記述され、絵地図を右にスクロールすると、右端に「原村」と記述され、その下に鳥居が描かれています、此の鳥居は「原八幡神社」になります。そこの左方向中山道両サイドに赤丸印が描かれています。この場所は「地蔵村」と「原村」の境界になります。

  中山道分間延絵図(番場宿)    中山道分間延絵図(高宮宿)