奥州道中分間延絵図(白坂宿)

絵地図初期設定画面に「境明神村」と記述され、左端街道内に境明神村・白坂宿境界(下野 陸奥 勲国境)を示す赤丸印、その下両サイドに境の明神が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「山中村」と記述され、「境明神村」と「山中村」記述の中間、街道内に山中村・境明神村境界を示す赤丸印が描かれています。

絵地図初期設定画面に「白坂宿(白河市白坂)」と記述され、その左上に観音寺、街道鍵の手右に本陣問屋脇本陣と記述され、問屋と脇本陣の間、街道内に白坂宿高札場が描かれています。絵地図を右にスクロールすると境明神村・白坂宿境界(下野 陸奥 勲国境)を示す赤丸印、その左街道並木右端に境明神一里塚が描かれています。

絵地図初期設定画面に「皮篭村(白河市白坂新皮籠白河市白坂皮籠)」と記述、その右上街道内に白坂宿・皮篭村境界を示す赤丸印が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「白坂宿」と記述されています。

絵地図初期設定画面に街道横断水路が皮篭村・白河宿境界で、その右に皮篭一里塚が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「皮篭村」と記述、そこの左上に山久保稲荷神社、その右街道下に皮篭村高札場、その右に白坂宿・皮篭村境界が描かれています。

    奥州道中分間延絵図(芦野宿)    奥州道中分間延絵図(白河宿)