奥州道中分間延絵図(白河宿)

絵地図初期設定画面は白河市西小丸山付近と思われます。

絵地図初期設定画面は白河宿二番町・三番町付近で、描かれる河川は谷津田川で、街道右に板橋が描かれ、その左に白河宿一番町木戸門、そこの左下に天神神社、小峰寺が描かれ、絵地図を右にスクロールすると、街道下に金刀比羅神社、そこの右上街道に白河宿江戸方見附が描かれています。

絵地図初期設定画面に白川城内と記述され、その左上桝形内に長寿院が描かれ、そこの右上角に脇本陣、その上、街道上に本陣と記述されています。白川城内記述の右上に大手門口、その上方向に札の辻が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「白河宿」と記述、その上に中町桝形道、桝形道の先に関川寺が描かれています。

絵地図を右にスクロールすると阿武隈川、白河宿が描かれています。

    奥州道中分間延絵図(白坂宿)