奥州道中分間延絵図(芦野宿)

絵地図初期設定画面に「石田坂村」と記述され、絵地図右に余笹川土橋(寺子橋)(寺小村・石田坂村境界)が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「寺小村」と記述され、そこの左上に会三寺、会三寺の右下街道内に寺小村高札場、「寺小村」記述の上、街道に寺子一里塚が描かれています。また、現在一里塚は復元されています。

絵地図は蛇澤村の西端部になります。

絵地図初期設定画面左端に黒川板橋[蛇澤村・芦野宿(那須郡那須町芦野)境界]が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「蛇澤村(那須塩原市寺子那須郡那須町寺子)」と記述されています。蛇澤村は那須塩原市の寺子と須郡那須町の寺子に分割され、那須塩原市の寺子は「寺小村」、「石田坂村」と合併し那須塩原市寺子、須郡那須町の寺子は須郡那須町寺子になったと思われます。

絵地図初期設定画面は芦野宿の西端部で、絵地図右街道に夫婦石の一里塚、絵地図を右にスクロールすると黒川板橋が描かれています。

絵地図初期設定画面右上に「芦野宿」と記述され、そこの左下に建中寺、参道口左方向に奈良川上高橋(現高橋)、参道口右に揚源寺参道右方向、鍵の手先の道筋は揚源寺参道、参道口左街道下に本陣、参道口右に芦野宿高札場、絵地図を右にスクロールすると奈良川下高橋(現芦野橋)、そこの左に三光寺と参道が描かれています。

絵地図初期設定画面に「板屋村」と記述され、その右下に薬師堂、その右に奈良川に架かる橋、その右街道内に岸村・板谷村境界を示す赤丸印が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「岸村」と記述され、絵地図右端に奈良川上高橋(現高橋)、そこの手前に芦野宿・岸村(那須郡那須町横岡)境界を示す赤丸印が描かれています。

絵地図初期設定画面に「高瀬村」と記述、その左上街道内に高瀬村・脇澤村境界の境界を示す赤丸印、右端に「脇澤村」と記述、その左上街道内に蟹澤村・高瀬村境界を示す赤丸印、絵地図を右にスクロールすると「脇澤村」記述右上に板屋村・蟹澤村境界を示す赤丸印、その右上に「板屋村」と記述されています。「板屋村」の右下に薬師堂、左下街道に板屋の一里塚が描かれています。

絵地図初期設定画面右から二本目の横断水路が脇澤村・寄居村境界です。絵地図を右にスクロールすると「脇澤村」、「高瀬村」と記述され、「高瀬村」記述左上街道内に高瀬村・脇澤村境界を示す赤丸印が描かれています。

絵地図初期設定画面左街道内に寄居村・大久保村境界、中央街道に泉田の一里塚、絵地図を右にスクロールすると「寄居村」と記述され、その下に與楽寺、與楽寺の参道口左に寄居村高札場、その下、奈良川下に八雲神社鳥居が描かれています。

絵地図初期設定画面に「山中村」と記述、右端街道内に大久保村・山中村境界を示す赤丸印、絵地図を右にスクロールすると「大久保村」と記述され、その右下方向街道内に寄居村・大久保村境界を示す赤丸印が描かれています。

絵地図初期設定画面に「境明神村」と記述され、左端街道内に境明神村・白坂宿境界(下野 陸奥 勲国境)を示す赤丸印、その下両サイドに境の明神が描かれています。絵地図を右にスクロールすると「山中村」と記述され、「境明神村」と「山中村」記述の中間、街道内に山中村・境明神村境界を示す赤丸印が描かれています。

    奥州道中分間延絵図(鍋掛宿・越堀宿)    奥州道中分間延絵図(白坂宿)