うけら庵

ストリートビューの初期設定位置はうけら庵前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[和光郵便局西側から本田通りへ「うけら庵跡」 が現れます。当初の建物は、天明初期に鈴木家六代目松蔭の手によって建てられた小さな墓守堂です。
 文化文政期(1804〜1829年) 、当主は江戸の文化人との交流をはかるために、狂歌師・鹿都部真顔(しかつべのまがお)や、寛政の改革のころ政治批判の部首「世の中に蚊ほどうるさきものはなしぶんぶといひて夜もねられず」を詠んだ人物としても有名な大田南畝(おおたなんぽ)[蜀山人(しょくさんじん)の筆名も持つ]など、当時の著名な文人墨客(ぶんじんぼっかく)を集めて、詩歌の会などを開いて栄えました。「うけら庵」横には樹齢200年以上といわれる銀杏の古木もそびえており、江戸時代の文化交流の場を偲(しの)ぶ散歩スポットとしてお薦めです。  (「【和光市のお寺と神社】史跡 うけら庵跡: こころのこのへん」より)]

カメラ北西方向がうけら庵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*