亀久保神明神社、亀久保の馬頭観音

ストリートビューの初期設定位置は亀久保神明神社前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[当社の具体的創建時期は不詳となるが、口伝によれば、天文15年(1546年)に、川越夜戦で討ち死にした斎藤丹波少輔(斎藤別当実盛の子孫)の後裔であった斎藤勝之丞が創建したとされ、斎藤家の守護神が神明社であったことから、当地に鎮座していた稲荷社社地に所沢から神明宮の御分霊を勧請し、稲荷社は合祀したとされる。  (「神社人 – 亀久保神明神社」より)]

[旧道が国道に合流する手前、亀久保神明神社の西側に馬頭観音が祀られている。 ここには大和田宿で見た鬼鹿毛伝説の補足的な話が伝わっており、馬で江戸に急いだ武士は3人で、2頭目の馬が倒れたのがここ亀久保だったという。 亀久保の最南端の川越街道沿いにあったものだそうで、村の入口を守っていたのだろう。  (「気ままに街道歩き(川越街道)」より)]

亀久保神明神社 – Google Map 画像リンク」「武蔵野稲荷 – Google Map 画像リンク」「馬頭観世音 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が亀久保神明神社です。

亀久保神明神社境内のカメラで、カメラ北方向右が亀久保神明神社拝殿、左が武蔵野稲荷です。

亀久保神明神社拝殿前のカメラです。

武蔵野稲荷前のカメラです。

亀久保の馬頭観音前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*