廣源寺

ストリートビューの初期設定位置は廣源寺山門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[川越街道沿いにある藤久保の曹洞宗大栄山広源寺。渋井(現川越市連光寺の末寺で、藤久保の開拓着手時期にあたる寛永16年(1639)に、龍国呑海大和尚(りゅうこくどんかいだいおしょう)を開基として創建されました。本尊に、釈迦如来坐像を安置しています。また、江戸時代には寺子屋を開設した時期があり、明治5年(1872)に学制が公布され日本の近代教育がスタートすると、その趣旨に基づいて各地で学校が開設され、明治7年(1884)には広源寺に藤久保小学校が開設されました。広源寺は、三芳の教育を語る際には欠かせない場所でもあります。鐘楼近くのケヤキは、大きくシンボルになっています。  (「広源寺【三芳町の観光】|埼玉県三芳町」より)]

広源寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が廣源寺山門です。

廣源寺本殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*