木宮稲荷神社

ストリートビューの初期設定位置は木宮稲荷神社前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[伝承によれば、寛文元年(1661)東都の中山治左衛門という人が大阪在業の際、霊夢を見て社殿を再建したと伝えられています。稲荷神社は、藤久保のような畑作を主体とした地区では農業神として信仰され、江戸時代には、藤久保の修験であった東乗院が別当寺として祭祀をおこなっていました。祭礼は、二月初午、4月20日の春祈祷、10月8日のお日待ち(秋祭り)です。春祈祷には、藤久保芸能会による藤久保囃子の奉納があります。また、神社境内には、山神社、八坂神社(祭礼7月14日・15日)、浅間神社(祭礼は8月1日)等も祀られています。このうち、八坂神社と浅間神社は、稲荷神社とは別の場所に祀られていたものを境内に移したものです。浅間神社は、もとは藤久保の北にあった富士塚に祀られていたもので、今も富士塚という地名は残っており、浅間神社の石祠が祀られています。また、昭和になって川越街道拡幅の際には境内に道が通ることになり、その名残として路側帯に幟幡が残されています。  (「木宮稲荷神社【三芳町の観光】|埼玉県三芳町」より)]

木宮稲荷神社 – Google Map 画像リンク」「浅間神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が木宮稲荷神社参道です。

木宮稲荷神社拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*