治兵衛塚(吉田神社)

ストリートビューの初期設定位置は治兵衛塚(吉田神社)参道前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[高階中学校の向かい(西)に「治兵衛塚」(吉田神社・祭神「吉田治兵衛政次翁命」)、塚前に「吉田治兵衛政次翁奥城碑(標柱)。  (「悠遊・楽感雑記帳 川越街道」より)]

[むかし、砂新田に次兵衛という者が住んでいた。たいへん働き者で、朝は暗いうちから畑仕事に出かけ、夕方は星を見なければ帰らないという毎日だった。したがって自然に財産もでき、人づき合いもよかったので、近所の評判もよく、何不自由なく暮らしていた。
 ところが、彼にはいまだ一つだけ満されないものがあった。どうしたわけか、いつまでたっても子宝に恵まれないのである。また、彼は人一倍子供が好きだったのである。あらゆる神仏に祈り、また、大勢の祈祷師や巫女(みこ)にもお願いしたが、だめだった。
 たまたま、ある人から、
「上州の榛名神社(群馬県の中部)へお願いすれが、子供を授けてくれる。ただし、その子は神の申し子だから、年限がくれば神となって親の許から去ってしまうが、それでもよかったら、ひとつお願いしてみたらどうか」
と教えられた。彼はなかばあきらめていたところなので、たいへん喜び、仕事を放り出してとるものもとりあえず、榛名神社を尋ねたのである。
 三日三晩、子供が授かるように一心不乱に祈った。しばらくすると、霊験があらわれ、女の子が生まれた。彼の喜びようはひととおりではなかった。毎日毎日、蝶よ花よと大事に育てた。娘は親の期待にこたえてすくすくと育ち、日一日とかわいらしくなっていった。
 こうして娘が七歳になったときのことである。朝ふと娘のぞうりを見ると、ぬれているではないか。たらいの水でもこぼしたのかなと思っていた。ところが、次の朝もまたぬれていた。いよいよ彼は不思議に思って、娘に聞いてみた。はじめはだまっていて何も答えなかったが、そのうちに観念したように話し出した。
「実は私は榛名さまから来た神の申し子です。ことしは七歳になりましたので、約束どおり、榛名神社へ帰らなければならないのです。いままでこんなにまで私を愛し、大事にお育て下さったご両親さまにお別れするのがつらくて、とても言い出すことができなかったのです。毎晩お休みになるのを待って、榛名山へ忍んで行っていたのです」
 彼は飛び上がらんばかりに驚き、
「いやいや、お前は私たちの娘だ。だれが何といったって渡さない。断じて渡さない」
と言って娘を抱きしめた。ややあってから、落ち着きをとり戻した彼は、
(そうだ。榛名さまへ願をかければ子供は授かるが、その子は神の子だから、年限があると教えてくれたのは、このことなのか。やはりこの子は神の子だったのか)
と、改めて神のお力の偉大さに胸をうたれた。
 とにかくもう一度お願いして自分の子供にしてもらおうと、翌朝娘をつれて榛名神社へ行ってみた。
 神殿の前で娘とともに一心に神のお慈悲を乞うた。ところが、何と娘といっしょに連れて来た下女は、何かにとりつかれたように、物も言わずにかたわらの榛名湖のほうへ歩き出し、あれよあれよと言っているあいだに、「ざぶん!」と池の中へ飛び込んでしまった。彼は気も狂わんばかりに、何かわめきながら湖のほうへ走った。すると娘は、たちまち大蛇となって現われた。下女は蟹(かに)となっていた。ことここに至っては彼もあきらめざるを得なかった。重い足を引きずり引きずり、やっとのことで家へ帰ってきた。
 すっかり力を落してしまった彼は、働くことはもちろん、何も手につかず、終日へやに引きこもって考え込んでいた。ついに娘のいなくなったこの世に用はなくなったと、入定する決心をした。
 地面に穴を掘って中へ入り、いっさいの食物や水を絶って念仏を唱えた。心配してようすを見に行った人の話では、満面に笑みさえ浮かべて一心に経文を唱える姿は、すでに人間ではなく、仏さまだったという。
 七日目の晩、とうとう念仏の声が途絶えた。行ってみると成仏していた。村の人々は生前彼に言われたとおり、そこに塚を築いた。これが現在砂新田の高階中学校の西側にある「次兵衛塚」である。
 さて、砂新田ではいままで雹(ひょう)や落雷、集中豪雨の被害を受けたことがない。これは、次兵衛が榛名神社の申し子を自分の子供として大事に育てたので、榛名湖の竜神が次兵衛塚のある砂新田だけはよけさせるからだという。
 また、榛名湖がきれいな水を一年中たたえているのは、蟹になった下女が毎日掃除しているからだという。  (「川越の伝説 – DTI」より ]

吉田神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向石段上が治兵衛塚(吉田神社)です。

治兵衛塚(吉田神社)前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*