野火止神明神社

ストリートビューの初期設定位置は野火止神明神社前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[江戸時代幕府が編纂した地誌書「新編武蔵風土記稿」には、
『氷川社(現野火止氷川神社) 下分のはしにあり、祠は二間四方許。(中略)神明社 上分にあり。本社間口三間奥行二間反、又側に九尺に間の祠あり、是も神明を祀る。稲荷社三 村内にあり。』
と記され、神明神社は、野火止上下の境界に位置しています。
祭神は、天照大神倉稲魂命が、まつられています。
明治四十年北野八軒の稲荷神社を合祀して、境内社として稲荷神社を祀っています。
境内には、石工銘の刻まれた鳥居や、常夜燈力石御百度石庚申塔、秋葉権現石祠、金毘羅宮石祠等、多くの石造物が置かれ、信仰の様子が、しのばれます。
昭和の始めには、野火止用水が、境内の横を流れ、水車をまわし、又、旱魃の際には、雨乞いの行事が行われました。(新座市教育委員会・新座市文化財保護審議委員会掲示より)  (「野火止神明神社。新座市野火止の神社、旧村社 – 猫の足あと」より)]

神明神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が野火止神明神社です。

野火止神明神社拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*