鶴ヶ岡厄除け地蔵尊、鶴ヶ岡八幡神社

ストリートビューの初期設定位置は鶴ヶ丘厄除け地蔵尊前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

[国道に戻り横断歩道を渡った先の高台に見える神社は「鶴ヶ岡八幡神社」。鎌倉鶴岡八幡宮とは関係なく、地名の鶴ヶ岡村が神社名となっている。
 説明板によると、文政期(1813~30)ごろ、元々は村の鎮守であった神社を地蔵院が管理したいと寺側から申し入があり、村と寺との間で争いが起きていたようだ。
 その説明板に『鶴ヶ岡発生を語る芝開き地蔵尊が祀られている』と記されているが、それが参道入口の「鶴ヶ岡厄除け地蔵尊」である。  (「川越街道大井宿」より)]

[上福岡駅西口入口交差点を過ぎ、二つ目の信号交差点左段上に「鶴ヶ岡厄除地蔵尊」。
鶴ヶ丘(旧入間郡靏ケ丘邑)の発生を語る芝開き地蔵尊(新旧2体)で、右は元禄期造立の地蔵菩薩念仏供養塔です。
路地を挟んだ北側、「鶴ヶ岡八幡神社」は、旧鶴ヶ岡の鎮守で祭神「誉田別命」を安置しています。  (「悠遊・楽感雑記帳 川越街道」より)]

鶴ヶ岡八幡神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向左は旧川越街道入口で、カメラ西北西道路入って左に鶴ヶ岡厄除け地蔵尊があり、その先右に鶴ヶ岡八幡神社があります。

カメラ南方向が鶴ヶ岡厄除け地蔵尊です。

カメラ西南西方向が鶴ヶ岡八幡神社です。

鶴ヶ岡八幡神社拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*