日光例幣使道分間延絵図(合戦場宿)

「合戦場」の名は、この地が戦国時代の大永3年(1523年)、宇都宮氏と皆川氏の合戦が行われた古戦場であることに由来すると言われています。  (「Special – 栃木市」より)

絵地図初期設定画面に「合戦場宿(栃木市都賀町合戦場)」と記述され、「合戦場宿」記述左下、脇本陣と問屋場の間に高札場が描かれ、その向かいが本陣のようです。

絵地図を右にスクロールすると「升塚村(栃木市都賀町升塚)」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「谷中村(栃木市都賀町家中)」と記述されています。

絵地図を右にスクロールすると「谷中村」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「和久井村(西方町金井)」、絵地図を右にスクロールすると「菅原新田(西方町金井)」と記述されています。
1876年(明治9年)和久井村が金井村に編入(現栃木市)。

  日光例幣使道分間延絵図(栃木宿)    日光例幣使道分間延絵図(金崎宿)