日光例幣使道分間延絵図(境宿)

境宿(伊勢崎市)は当初は柴宿木崎宿の間宿扱いでしたが文久3年(1863)に正式に宿場町に格上げとなりました。
境宿の全長は463m、道幅は14m程、生糸を中心に物資が集められ2と7の付く日は市が立ち「六斎市」と呼ばれていました。
日光例幣使街道と世良田道、江戸道の結束点である事から交通の要衝でもあり、追分には天明7年(1787)に建立された道標(「此方 世良田 たてはやし道」、「右 江戸 なかせ 左 日光 きさき道」、「右 こくりやう いせさき」)があります。寛政3年(1791)には小林一茶本陣を勤めていた俳人専車を尋ねましたが、あいにく留守で「 時鳥我が身ばかりに降る雨か 」の句を残しています。  (「境宿(伊勢崎市) – 群馬県:歴史・観光・見所」より)

日光例幣使街道(2)境町から太田 その1

絵地図初期設定画面に「境町」と記述され、そこの左上街道内に高札場が描かれ、その左上方向の道筋の街道交点が現在の境交差点になります。絵地図をスクロールすると「武士村(伊勢崎市境下武士)」と記述され、右端に広瀬川が描かれています。

絵地図初期設定画面に「三ッ木村(伊勢崎市境三ツ木)」、「女塚村(伊勢崎市境女塚)」、絵地図をスクロールすると「境町」と記述され、宿場左に桝形道が、桝形道の左に境稲荷神社が描かれ、そこの左上角先で世良田道(館林方面)、江戸道(深谷方面)が接続し、そこに「東町の道しるべ」碑が有ります。

絵地図初期設定画面に「世良田(太田市世良田町)」、「高尾村」、「小角田村(太田市小角田町)」、絵地図をスクロールすると「三ッ木村」と記述され、その左に早川が描かれています。

  日光例幣使道分間延絵図(柴宿)    日光例幣使道分間延絵図(木崎宿)