日光道中分間延絵図(古河宿)

古河宿(こがしゅく、こがじゅく)は、江戸時代日光街道(日光道中)の宿場。下総国古河城下に設けられ、現在は茨城県古河市中央町・本町・横山町に相当する。日光街道の江戸・日本橋から数えて9番目の宿場である。
江戸時代の全期を通じて、古河藩が管理していた古河三宿(中田・古河・野木)の一つである。天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、本陣脇本陣は1軒ずつ設けられ、旅籠が31軒(大5,中6,小20)あった。宿内の家数は1,105軒、人口は3,865人であった。将軍家による日光社参では、古河城は岩槻城宇都宮城と並び、将軍の宿城とされており、日光街道における主要な宿場の一つであった。日光社参のときには、従者の数が膨大になるため、通常の宿泊施設だけでは足りずに、城下の武家屋敷や町屋も割り当てられた。宿場は日光街道沿いの台町・一丁目・二丁目・横町(現在の本町・中央町・横山町の一部)にあったが、渡良瀬川等による河川交通も発達していたことから、古河の町は日光街道から河岸へ向けて折れ曲がった石町・江戸町等にも広がり、T字型に形成されていた。大名が宿泊する本陣は時期により異なるが、最もよく知られているのは二丁目にあったもので、現在、跡地には「本陣跡碑」がある。脇本陣も二丁目にあった。  (wikipedia・古河宿より)

絵図初期設定画面に「釜屋新田(古河市茶屋新田)」と記述されています。

絵図初期設定画面右に「大堤村(古河市大堤)」と記述されています。

絵図初期設定画面左は古河城下になります、右鍵の手(枡形)左に古河城御茶屋口門が描かれ、絵地図を右にスクロールすると、右端手前に原町一里塚が描かれています。

絵地図を右にスクロールすると「古河宿」と記述され、その下に桝形道が描かれています。

日光道中分間延絵図(中田宿)    日光道中分間延絵図(野木宿)