日光道中分間延絵図(小金井宿)

小金井宿(こがねいしゅく、こがねいじゅく)は、江戸時代日光街道(日光道中)および奥州街道(奥州道中)に設けられた下野国宿場。現在の栃木県下野市小金井に相当する。日光街道の江戸・日本橋から数えて14番目の宿場である。
宿駅の管理は、当初は壬生藩だったが、元禄9年(1696年)以降は幕府宝暦13年(1763年)以降は下総佐倉藩天明7年(1787年)以降は幕府、寛政11年(1799年)以降は再び佐倉藩が担った。現在の国道4号沿いの小金井駅前交差点の北側に展開しており、南(江戸側)から下町・中町・上町より構成された。天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、本陣は1軒、脇本陣は1軒設けられ、旅籠が43軒あった。宿内の家数は165軒、人口は767人であった。
「小金井」という地名は、近くに小金井と呼ばれた湧水の池があり、「旱魃のときにも枯れることがなかった、池の中から黄金が出てきた」という伝承に由来する。この井から「金井村」という村名が生じ、のちに「小金井村」となった。(天保14年・1843年頃作成と推定される『日光道中略記』より)
江戸時代以前からの古い宿場であり、15~16世紀には集落が形成されて、「奥大道」すなわち鎌倉街道中道(なかつみち)の「金井宿」と呼ばれていた(『蓮行寺文書』等)。  (wikipedia・小金井宿より)

絵地図初期設定画面右上に「川中子村(下野市川中子)」と記述されています。そこの左側方向横断水路左に小金井一里塚が描かれています。

地図を右にスクロールすると「小金井宿」と記述されています。そこの右上に本陣と記述され、左側に問屋場、脇本陣、高札と記述されています。

木曽路名所図会. 巻之1-6 / 穐里籬島 編 ; 西邨中和 [画]」・「薬師寺」( 7 巻- 34 )

[図会は日光東往還にある下野薬師寺で、左ページ下の牛頭天王は八坂神社で、左ページ中程右の釈迦堂は六角堂、本堂は龍興寺本堂になると思います。右ページ中程右に薬師寺村(下野市薬師寺)、その上に石橋と記述されています。

  

  
日光道中分間延絵図(新田宿)    日光道中分間延絵図(石橋宿)