日光道中分間延絵図(新田宿)

新田宿(しんでんしゅく、しんでんじゅく)は、江戸時代日光街道(日光道中)に設けられた下野国宿場。日光街道の江戸・日本橋から数えて13番目の宿場である。現在は栃木県小山市羽川に相当する。
宿駅としての起源はよく分かっていない。別称は芋柄新田(いもがらしんでん)、大町新田(おおまちしんでん)。現在は栃木県小山市羽川に相当する。 宿駅の管理は、当初は小山藩元和5年(1619年)以降は宇都宮藩元和8年1622年以降は古河藩貞享2年(1685年)以降は幕府が担った。
天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、本陣は1軒、脇本陣は1軒設けられ、旅籠が11軒(大2、中4、小5)あった。宿内の家数は59軒、人口は244人であった。  (wikipedia・新田宿より)

絵地図初期設定画面右下に「新田宿(小山市羽川)」と記述され、「新田宿」上、街道下側に「高札場」「本陣」「問屋場」が、街道上本陣向かいに「脇本陣」と記述されてています。絵地図を右にスクロールすると、溜井「イモガラ溜」(現大沼)が描かれています。

日光道中分間延絵図(小山宿)    日光道中分間延絵図(小金井宿)