日光道中分間延絵図(栗橋宿)

栗橋宿(くりはしじゅく)は、江戸時代に整備され、栄えていた宿場町である。日光街道奥州街道の内江戸・日本橋から数えて7番目、すなわち武蔵国のうち第7の宿である(現在の埼玉県域では6番目)。当宿と利根川対岸の中田宿は合宿の形態をとっており、両宿を合わせて一宿とする記述も有る。
所在地は、江戸期には東海道武蔵国葛飾郡栗橋宿。現在の埼玉県久喜市栗橋北2丁目、栗橋中央2丁目、栗橋東3丁目、栗橋東5丁目がこの地域にあたる。
栗橋宿の規模は、天保14年(1843年)の記録によると人口1,741人、本陣1、脇本陣2、旅籠25軒、家数404軒、であったという。
栗橋河岸は、元禄3年(1690年)に、利根川右岸、利根川と権現堂川との分流点である分岐部近隣に成立した。
栗橋宿から中田宿につながる奥州街道・日光街道の間には利根川が交差している。しかし、軍事上の目的から架橋されなかったため、代わりに渡船場が置かれ房川渡しと呼ばれていた。また、利根川沿いには、房川渡中田関所が設置された。 関所は、当初中田側に設置されていたが、寛永元年(1624年)に栗橋に移設した。正式名称は「房川渡中田御関所」であるが、通称「栗橋関所」とされた。  (wikipedia・栗橋宿より)

絵地図初期設定画面に「栗橋宿」と記述され、絵地図右に桝形道が描かれています。「栗橋関所」と渡船場は絵地図左外れになります。

絵地図初期画面に「中田宿」と記述され、絵地図を右にスクロールすると利根川対岸に「栗橋宿」の渡し場、「栗橋関所」が描かれています。

木曽路名所図会. 巻之1-6 / 穐里籬島 編 ; 西邨中和 [画]」・「栗橋関嗌」( 7 巻- 38 )

利根川」( 7 巻- 40 )

[図会は房川渡(ぼうせんわたし)を、栗原宿から北方向、中田宿を見た絵で、左ページ上に中田と記述されています」

日光道中分間延絵図(幸手宿)    日光道中分間延絵図(中田宿)