日光道中分間延絵図(石橋宿)

石橋宿(いしばしじゅく)は、日光街道および奥州街道の15番目の宿駅(宿場町)である。現在の栃木県下野市石橋
石橋宿は江戸時代下野国都賀郡にあった宿場町である。元は上石橋村、下石橋村、上大領村、中大領村、下大領村、前原村の6か村が1村となり、当時天領とされていたため内裏領村と呼ばれていた。 時期は不詳だが内裏領村が宿駅となり石橋宿となった。 宿役はこの宿の旧家で元多功城城主多功宗朝に仕え後この地に土着し農民となったと言われる名主伊沢近江守、問屋伊沢出雲守、本陣伊沢越前守の各家が代々交代で勤めた。
天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、石橋宿には本陣1軒、脇本陣1軒が設けられ、旅籠が30軒あった。宿内の家数は79軒、人口は414人であった。  (wikipedia・石橋宿より)]

絵地図初期設定画面中央に「下石橋村(下野市下石橋)」と記述されています。絵地図を右にスクロールすると下石橋一里塚が描かれています。

絵地図初期設定画面左端に「下古山村(下野市下古山)」と記述され、右端に「石橋宿」と記述され、そこの右上街道下に「本陣」と記述され、本陣が描かれています、その左に高札場が描かれ、高札場の左上に「問屋場」右上に「脇本陣」と記述されています。

絵地図初期設定画面左端に「鞘堂新田(河内郡上三川町鞘堂)」と記述、右端に下古山一里塚が描かれ、絵地図を右にスクロールすると「下古山村」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「茂原村(宇都宮市茂原)」と記述され、絵地図を右にスクロールすると「鞘堂新田」と記述されています。

日光道中分間延絵図(小金井宿)    日光道中分間延絵図(雀宮宿)