日光道中分間延絵図(粕壁宿)

粕壁宿(かすかべじゅく)は、江戸時代日光街道及び奥州街道宿場町。
南北朝時代(14世紀)、新田義貞の家臣春日部氏が当地を領地としたことから「春日部」の地名が生まれたとされる。「かすかべ」の表記は何度か変更されており、粕壁は江戸元禄期から記されている地名である。
天正18年(1590年)小田原征伐後、徳川家康は関東移封となり江戸城に入城し、五街道の整備が進められた。
元和2年(1616年)には、粕壁宿が日光街道及び奥州街道の宿駅として開設した。江戸・日本橋から数えて4番目の宿場町である。現在の春日部駅東口の旧街道一帯である。
天保十四年(1843年)、『日光道中宿村大概帳』によると本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠45軒、問屋場1ヶ所、家773軒があり、日光街道23宿のうちの6番目の規模であった。  (wikipedia・粕壁宿より)

絵地図初期設定画面左上に「備後村(春日部市備後東)」と記述され、右スクロールすると「大畑村(春日部市大畑)」「大枝村(春日部市大枝)」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「市野割村(春日部市一ノ割)」と記述され、絵地図右下街道鍵の手に備後一里塚が描かれています。絵地図をスクロールすると「備後村」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「粕壁宿」と記述されています。

絵地図初期設定画面に「小渕村(春日部市小渕)」と記述され、その右上方向街道に小渕一里塚が描かれています。絵地図を右スクロールすると、「八丁目村(春日市八丁目)」と記述され、その下に古利根川、板橋(大橋・新町橋)が描かれています。

日光道中分間延絵図(越ヶ谷宿)    日光道中分間延絵図(杉戸宿)