勝福寺

ストリートビューの初期設定位置は勝福寺仁王門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

勝福寺 (小田原市)
[勝福寺(しょうふくじ)は、神奈川県小田原市飯泉にある真言宗東寺派の寺院。山号は飯泉山。本尊十一面観音で、坂東三十三箇所第5番札所である。飯泉観音(いいずみかんのん)とも称される。
この寺は、奈良時代孝謙上皇の信頼を得たが、上皇の没後下野国薬師寺に左遷されることとなった僧道鏡が下野国へ赴く途中、上皇から賜った十一面観音を相模国足柄下郡千代村に堂宇を建立して安置したのに始まると伝えられる。この観音像は、からの僧鑑真が請来したものと伝えられ、当初は補陀落山と号し、道鏡の出身である弓削氏氏寺であったという。平安時代の830年(天長7年)現在地に移ったとされ、室町時代に現在の勝福寺と号するようになり、後北条氏の帰依を得た。なお、この寺には曾我兄弟(曾我祐成時致)が仇討ちの際に日参して成就したことや、二宮尊徳が14歳の時、旅僧の訓読する観音経を聞いて発心したという伝説が残されている。
仁王門・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、二宮金次郎初発願の像・wikipedia-photo  (wikipedia・勝福寺_(小田原市)より)]

勝福寺仁王門 – Google Map 画像リンク」「飯泉山 勝福寺(飯泉観音) – Google Map 画像リンク」「勝福寺仁王門 – Google Map 画像リンク」「勝福寺仁王門 – Google Map 画像リンク」

勝福寺仁王門前のカメラです。

カメラ北西方向が勝福寺本堂になります。本堂前に二宮金次郎初発願の像があります。