旧東海道/「七曲り」合流

ストリートビューの初期設定位置は旧東海道「七曲り」合流です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。


  
国立国会図書館デジタルコレクション – 東海道絵図」 – 「東海道絵図. 巻第三 小田原ヨリ三島マデ」(コマ番号7/14)
絵図下に「一里塚 京から九十七里 江戸から二十三里」、その左上に「此遍ん さいかちと云」、さらに左に「此遍ん かしの木と云」と記述されています。

  
旧東海道・現「七曲り」合流
[西海子坂を過ぎると再び県道に合流するが、この辺りは現在「七曲り」と呼ばれ、きついカーブが続く。江戸時代の道は、ここをほぼ直登するルートとなっており、上り坂の苦しさに「どんぐりほどの涙こぼるる」といわれた「樫木坂」という難所となる。   (「箱根宿2 – 関東地方整備局」より)]

カメラ東南東方向が旧東海道口になります。