東海道絵図(池鯉鮒宿)

池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく、ちりゅうじゅく)は、東海道五十三次の39番目の宿場である。
歴史的仮名遣いでは「ちりふ」。現在の愛知県知立市に位置する。江戸の日本橋から約330kmで、当時およそ10日間かかったといわれている。鳴海宿に向かう途中の境橋を渡ると三河国から尾張国に入り、更に進むと有松間宿(ありまつあいのじゅく)がある。
馬市が立ったことで知られており、歌川広重の「東海道五十三次」にも「首夏馬市」として描かれている。毎年首夏(陰暦四月)、陰暦4月25日〜5月5日頃に開かれていた。また三河地方の特産品であった木綿市も開かれていた。
1604年(慶長6年)頃の徳川家康の命によりその10年ほど後にでき当時は並木八丁と呼ばれた街道沿いの松並木は、馬をつなぐためにも使われていた。戦後も残っていたが1959年(昭和34年)の伊勢湾台風で多くの古松が倒されてしまったため1970年(昭和45年)に幼松158本の補植が行われた。
明治時代に馬市は松並木から慈眼寺(山町桜馬場)へと移動、牛市・鯖市に移り変ったが昭和に終了した。  (wikipedia・池鯉鮒宿より)

東海道絵図は「国立国会図書館デジタルコレクション – 東海道絵図」 – 「東海道絵図. 巻第八 赤坂ヨリ宮マデ」よりダウンロードして利用しています。

元図「コマ番号 8/14」リンク

絵地図初期画面設定右に「らいこうじ(知立市来迎寺町)」、絵地図を右スクロールすると中程に「乃いけ(愛知県安城市東栄町2丁目)」と記述されています。

元図「コマ番号 8/15」リンク

絵地図初期画面設定右端に「宇志多(知立市牛田町)」と記述、絵地図を右スクロールすると「一里塚 江戸から七十九里 京から四十一里」と来迎寺一里塚が表示されています。

元図「コマ番号 8/16」リンク

絵地図初期画面設定左端に一里山一里塚の「江戸から八十里」と記述、右端に「明神(知立神社)」と記述され、絵地図を右スクロールすると、接続絵地図端に「御茶屋(知立古城跡)」、「池鯉鮒 札辻」と記述され、右端の池鯉鮒宿家並端上に「観音(慈眼寺)」と記述されています。

元図「コマ番号 8/17」リンク

絵地図初期設定画面右に「いま川(刈谷市今川町)」と記述され、絵地図を右スクロールすると、中程に「禅宗 とうれん寺(洞隣寺)」と記述され、右端に「一里やま」(刈谷市一里山町一里山)と記述され、「一里塚 江戸から八十里 京から四十里」と一里山一里塚が表示されています。

    東海道絵図(岡崎宿)    東海道絵図(鳴海宿)