東海道絵図(石部宿)

石部宿(いしべしゅく、いしべじゅく)は、近江国甲賀郡にあった東海道五十三次の51番目の宿場である。現在の滋賀県湖南市にあたる。
石部宿は京都を出て1日の行程にあり、「京立ち石部泊り」と言われた。宿場内には、本陣2軒(小島本陣、三大寺本陣)、旅籠32軒を含む458軒が街道の両脇約1.6キロメートルにわたって建ち並び(1843年当時)、その中央には宿役人の詰める問屋場と高札場があった。湖南市内には東海道石部宿歴史民俗資料館があり、宿帳などの歴史資料が展示されている。しかし、旧街道沿いは主だった保存活動をしてこなかったため昔の宿場町の風情や街並みは残っていない。
宿の成立は、1571年(元亀2年)に織田信長の治下で5ヶ村が合わさり「石部町(まち)」を形成した時点とする説や、1597年(慶長2年)の豊臣秀吉治下で信濃善光寺の輸送に役夫・伝馬を課せられた時点とする説、1601年(慶長6年)に東海道各宿に朱印状が発せられ伝馬徴発の定書が下付された時点とする説、1615年から1623年(元和年間)の記録に残る時期とする説などがあるが、『新修石部町史』は1601年説を妥当として紹介している。
江戸方面に進むと、水口宿との間、現在の湖南市夏見に藤棚を備えた立場があったが、ここの茶店がところてんに黒蜜をかけて食べる発祥の地であるといわれる。歌川広重が「東海道五十三次」に描いた「目川の里」は石部宿よりもむしろ草津宿にかなり近い(現栗東市)。  (wikipedia・石部宿より)

東海道絵図は「国立国会図書館デジタルコレクション – 東海道絵図」 – 「東海道絵図. 巻第十 土山ヨリ京マデ」よりダウンロードして利用しています。

元図「コマ番号 10/10」リンク

絵地図初期設定画面に「よしなが(湖南市吉永)」と記述され、その右に「すな川(大砂川)」が描かれ、その下に「二本杉」記述されています。大砂川は天井川で、現在川底に大沙川隧道 (吉永のマンポ)が設置されています。絵地図を右にスクロールすると「己くも(湖南市三雲)」と記述されています。

元図「コマ番号 10/11」リンク

絵地図初期設定画面右の「平松(湖南市平松)」に「うつくし松自生地」がある。絵地図を右にスクロールすると「は里(湖南市針)」り記述され、その右に由良谷川が描かれています。由良谷川は天井川で、現在川底下に由良谷川隧道 が設置されています。そこの右方向に「一里塚 江戸から百十里 京から十里」と夏見一里塚が表示され、その右に「なつミ(湖南市夏見)」と記述されています。

元図「コマ番号 10/12」リンク

絵地図初期設定画面左上に「石部 札辻」と記述されています。絵地図を右にスクロールすると「かうじぶくろ(湖南市柑子袋)」と記述されています。

絵地図初期設定画面中央に「一里塚 江戸から百十一里 京から九里」と石部一里塚が表示され、そこの右下に「御茶屋」と記述され、絵地図を右にスクロールすると「石部 札辻」と記述されています。桝形と札の辻の間南側に徳川将軍上洛時の茶屋御殿があったと思われます。

元図「コマ番号 10/13」リンク

絵地図初期設定画面中央に「いせうち(栗東市伊勢落)」、その右に「ただの」、「かな山」と記述されています。絵地図を右にスクロールすると「大水の時此の上道を通る」と記述されています。

元図「コマ番号 10/14」リンク

絵地図初期設定画面左上に「てばら(栗東市手原)」と記述され、その右下に「いな里宮 道ぞいニから松近年植」との記述が読める、ここは手原稲荷神社(里中稲荷大明神とも笠松の宮とも言う。)のことだと思います。絵地図を右にスクロールすると「をの(栗東市小野)」、「薬師」と記述され、絵地図接続部右図端に「一里塚 江戸から百十二里 京から八里」と六地蔵一里塚が表示され、その右に「六ぢぞう(栗東市六地蔵)」、この地に旧「和中散本舗」大角家があります。その右に「かミ乃」と記述されています。

元図「コマ番号 10/15」リンク

絵地図初期設定画面家並上に「目川(栗東市目川)」と記述され、その右下に「一里塚 江戸から百十三里 京から七里」と目川一里塚が表示され、絵地図を右にスクロールすると「ほぶくろ(栗東市坊袋(ぼうぶくろ))」、「川づら(栗東市川辺(かわづら))」、「まが里(栗東市上鈎)」と記述されています。

元図「コマ番号 10/16」リンク

絵地図初期設定画面左上に「草津 札辻」と記述され、その右に「すな川(草津川)」が描かれ、その右に「志もの(下)新屋敷」、「かミの(上)新屋敷」と記述されています。

    東海道絵図(水口宿)    東海道絵図(草津宿)