東海道絵図(藤川宿)

藤川宿(ふじかわしゅく、ふじかわじゅく)は、東海道五十三次の37番目の宿場である。現在の愛知県岡崎市藤川町辺り。
東海道が三河高原を横断する御油断層の谷間から、西の平地への出入口にあり、中世から交通の要地で、1601年(慶長6年)の伝馬制度により設置された。1648年(慶安元年)山中郷から住民を移し、加宿の市場村が東隣して成立した。明治期まで幕府領である。1598年(慶長3年)鳥山牛之助検地で村高310石。1660年(万治3年)町並家数43、馬役人18、歩行役人24、問屋1。1668年(寛文8年)に新町43軒が焼失した。1786年(天明6年)に、市場村を含め高762石余、町並み9町20間、家数190、惣役人数150、馬49、歩行役人91、御先荷人足522、本馬24があった。天保年間の「宿村大概帳」によれば市場村を含め宿内人別1213人(男540・女673)、総家数302、本陣1、脇本陣1、旅籠屋36、(大7・中16・小13)、地子免許7480坪、問屋給米7石、継飛脚給米32石余。人馬継問屋は中町に置かれ、問屋2、年寄5、給付4、飛脚番6、人馬差6、小使6、人馬100人・100疋で、定囲は5人・5疋であった。1707年(宝永4年)の1年間の上下立人馬で人足3万8017人、馬5万5627疋で、1714年(正徳4年)11月の琉球使節の人馬覚に御朱印人足1000人、馬200疋御触とある。1772年(安永元年)の疫病流行の際には400余人が病死し、宿々困窮による拝借金を受けた。1866年(慶応2年)の旅籠屋32、駕籠屋4と記される。
宿の西端に一里塚や十王堂(庭に「ここも三河 むらさき麦の かきつばた」という松尾芭蕉の句碑がある)があり、吉良道の分岐点となる。脇本陣跡は1978年(昭和53年)10月21日に岡崎市指定史跡となる。1990年(平成2年)に藤川宿資料館が完成。関山神社には1601年(慶長6年)の伝馬朱印状をはじめとする歴史資料、1741年(元文6年)の棟札、1711年(正徳元年)の宿高札が残る。脇本陣門・石垣・家並が残り、市内随一の宿場景観を保持する。  (wikipedia・藤川宿より)

東海道絵図は「国立国会図書館デジタルコレクション – 東海道絵図」 – 「東海道絵図. 巻第八 赤坂ヨリ宮マデ」よりダウンロードして利用しています。

元図「コマ番号 8/6」リンク

絵地図初期設定右に「なか志ま(中島)」、絵地図を右スクロールすると「一里塚 江戸から七十四里 京から四十六里」と本宿一里塚が表示され、「東山中(岡崎市本宿町)」と記述、その右側に「ほうぞう寺(法蔵寺)」と記述されています。

元図「コマ番号 8/7」リンク

絵地図初期画面左に「藤川 札辻」、絵図をスクロールすると中程に「向う 志い かし 木」と現在の天然記念物・山中八幡宮のクスノキが紹介され、「八まん山(山中八幡宮)」と記述されています。その右に「まいき(岡崎市舞木町)」、右端に「山中(山中宿・岡崎市舞木町山中町)」と記述されています。

元図「コマ番号 8/8」リンク

絵地図を右スクロールすると「西尾ヘノ道」(吉良道追分)、「一里塚 江戸から七十五里 京から四十五里」と藤川一里塚が記述され、その右に藤川宿の家並が描かれ、「げんせい寺(伝誓寺)」、「薬師」、「せうめい寺(称名寺)」、接続地図の端に「藤川 札辻」と記述されています。

元図「コマ番号 8/9」リンク

絵地図左端に「一里塚 江戸から七十六里 京から四十四里」と大平一里塚が表示され、その右に「一向宗 せんこう寺(専光寺)」と記述されています。その右「大ひら(岡崎市大平町西上野)」に西大平藩陣屋跡があります。その右に乙川に架かる「大ひらばし」、絵地図を右にスクロールすると竜泉寺川に架かる橋が描かれ、「せうだ(岡崎市美合町生田)・生田城址)」、右端に「かんばさき(岡崎市岡町西神馬崎北側)」と記述されています。

    東海道絵図(赤阪宿)    東海道絵図(岡崎宿)