日本橋

ストリートビューの初期設定位置は日本橋です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

日本橋
[碑には、日本橋の説明が下記のように記載されています。
日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康江戸幕府を開いた慶長8年(1603)と伝えられています。幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として江戸経済の中心となっていました。橋詰には高札場があり、魚河岸があったことでも有名です。幕末の様子は、安藤広重の錦絵でも知られています。現在の日本橋は東京市により、石造二連アーチの道路橋として明治44年に完成しました。橋銘は第15代将軍徳川慶喜の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟は東京市の繁栄を、獅子は守護を表しています。橋の中央にある日本国道元標は、昭和42年に都電の廃止に伴い道路整備が行われたのを契機に、同47年に柱からプレートに変更されました。プレートの文字は当時の総理大臣佐藤栄作の筆によるものです。平成10年に照明灯装飾品の修復が行われ、同11年5月には国の重要文化財に指定されました。装飾品の旧部品の一部は中央区が寄贈を受け、大切に保管しています。平成12年3月 中央区教育委員会  (「江戸東京を歩く【1】 日本橋編 1-2」より)]

年表
●1603年(慶長8年)
徳川家康の全国道路網整備計画に際し、初代の橋(木造)が架けられた。北側部分を原寸で復元したものが江戸東京博物館に展示されている。
●1604年(慶長9年)
五街道の基点となる。以降、江戸の中で最も賑わう場所として、浮世絵による風景画に描かれることが多くなる。
●1657年(明暦3年)-1858年(安政5年)
●1657年(明暦3年)の明暦の大火により全焼。江戸は火事が多く、日本橋は江戸幕府成立から幕末に至るまでの間に幾度も焼け落ちている。明治維新までに合わせて10回(全焼8回・半焼2回)を数えた。
●明治初期
石造の橋が、肥後の石工である橋本勘五郎によって架けられた。
●明治後期
東京遷都30年を記念して橋の両端に杉細工の「緑門」と呼ばれる鳥居が建てられた(1898年〈明治31年〉4月12日落成、鳥居の失われた時期は不明)。
●1911年(明治44年)4月3日
現在の石造二連アーチ橋が架けられた。19代目。
「第19代日本橋・1911年(明治44年)4月3日開橋、花崗岩製の橋である。」・wikipedia-photo

「『東海道五十三次之内 日本橋』歌川広重筆。明六ツに日本橋を渡る大名行列と、その手前には魚河岸で仕入れた魚を売りに行く行商の魚屋の姿などが描かれている。現在の築地市場の前身である魚河岸は、かつて日本橋のたもとにあった。」・wikipedia-photo

『木曾街道 続ノ壱 日本橋 雪之曙』渓斎英泉筆・wikipedia-photo

  (wikipedia・日本橋_(東京都中央区)より)]

歌川広重の行書版東海道 日本橋「暁旅立の図 江崎屋版」(wikipedia-photo)

歌川広重『東海道五十三次(隷書東海道)』より「東海道 一 五十三次 日本橋」(wikipedia-photo)

歌川広重『東海道五十三次(狂歌入東海道)日本橋』 「日本橋 たヾ一すぢに 都まで 遠くて近き はるがすみかな あのや幸久」(Wikimedia Commons)

歌川広重『五十三次名所図会 一 日本橋』、東雲の景(Wikimedia Commons)

歌川広重『東海道五十三次細見圖㑹 道中風俗 日本橋』、「田舎道者 江戸見物」(Wikimedia Commons)

葛飾北斎『冨嶽三十六景 江戸日本橋』(wikipedia-photo)

葛飾北斎『東海道五十三次』日本橋(拡大画像リンク)

東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」 – 「日本橋 6巻 79p

木曽路名所図会. 巻之1-6 / 穐里籬島 編 ; 西邨中和 [画]」- 「日本橋・巻之5 – 68

日本橋 – Google Map 画像リンク」「日本橋麒麟像 – Google Map 画像リンク」「日本橋2 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は日本橋南詰めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*