八王子千人同心屋敷碑

ストリートビューの初期設定位置は八王子千人同心屋敷碑前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

八王子千人同心屋敷碑(街道下り方向左)
[徳川家康江戸入府に伴い、1600年(慶長5年)に発足した。当初は代官頭大久保長安が統括した。千人同心は、甲斐国武田家の滅亡後に徳川氏によって庇護された武田遺臣を中心に、近在の地侍・豪農などで組織された。甲州街道の宿場である八王子を拠点としたのは、武田家遺臣を中心に甲斐方面からの侵攻に備えたためである。甲斐が天領に編入され、太平が続いて国境警備としての役割が薄れると、1652年からは交代で家康を祀る日光東照宮を警備する日光勤番が主な仕事となった。江戸幕府では槍奉行配下の軍隊を持った。千人同心の配置された多摩郡はとかく徳川の庇護を受けていたので、武州多摩一帯は同心だけでなく農民層にまで徳川恩顧の精神が強かったとされる。十組・各百人で編成され、各組には千人同心組頭が置かれ、旗本身分の八王子千人頭によって統率され、槍奉行の支配を受けた。千人頭は200~500石取りの旗本として遇され、組頭は御家人として遇され、禄高は10俵1人扶持~30俵1人扶持である。千人同心は警備を主任務とする軍事組織であり、同心たちは徳川将軍家直参の武士として禄を受け取ったが、その一方で平時は農耕に従事し、年貢も納める半士半農といった立場であった。八王子の甲州街道陣馬街道の分岐点に広大な敷地が与えられた。現在の八王子市千人町に、千人頭の屋敷と千人同心の組屋敷があったといわれる。  (wikipedia・八王子千人同心より)]

千人同心屋敷跡記念碑 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向に八王子千人同心屋敷碑が設置されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*