普濟寺

ストリートビューの初期設定位置は普濟寺山門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

普濟寺
[玄武山 普濟寺は、宗のうち臨済宗建長寺派に属し、多摩一円に末寺18ヶ寺を有する同派屈指の名刹です。その開創は古く南北朝時代文和2年(1353年)で、当時、立川一帯を領有していた立川宮内少輔宗恒が、鎌倉建長寺から物外可什禅師を招いて開山とし、その居城の一隅に一族の菩提寺として、一宇を建立したことにはじまります。
以来、立川氏の庇護のもとに、多数の僧侶が修行に励む荘厳な道場として隆盛を極め、また、貞治年間(1360年代)からは、約40年間にわたって、いわゆる普濟寺版大乗経典を刊行、当地方の仏教・文化の殿堂として重要な役割を果たしておりました。しかし、応永の末頃から永享年間(1439年前後)に至ると、打ち続く戦乱の中で立川氏は没落し、相前後して普濟寺も一時衰退の憂き目を余儀なくされました。 その後、約百年間の歴史は詳かになっておりませんが、永正年間(1504~21)に入ると、立川一帯は高幡(日野市)城主平重能の勢力下となり、普濟寺も同氏の帰依を受けることになりました。そしてその施財によって面目を一新し、寺域も旧立川城の一隅からその全域へと拡大、約一万坪の境内には七堂伽藍をはじめ、六院の塔頭が甍を並べるに至ったといわれています。 平氏はその後間もなく後退し、かわって天文の末頃(1550年代)には、後北条氏の幕下となった立川氏が勢力を挽回し、再び普濟寺の大檀那となりました。
しかし、それも束の間のことで、天正18年(1590年)、同氏は豊臣軍の攻撃を受け、主家北条氏とともに敗れ、その際普濟寺も兵火に罹って大半の堂宇・寺宝を焼失してしまいました。翌年、徳川家康より御朱印20石の地が寄進され、命脈は保たれたものの、以後しばらくは衰微状態から脱し得ませんでした。 堂宇の再建は数十年後の万治年間(1660年頃)に至って始められ、そして元禄4年(1691年)までに方丈・仏殿・庫裡・鐘楼・塔頭(心源庵・有慶庵)が復興され、ようやくにして『江戸名所図会』の挿絵にみられるような荘厳な景観を現出するに至りました。なお、仏殿と有慶庵は明治初期に、老朽化したため取り壊され、また、庫裡本堂はそれぞれ嘉永6年(1851年)、昭和15年に再建されました。
明治に入ると、寺内に皇族の別邸が設けられ、皇太子時代の昭和天皇をはじめ、皇室の方々が相次いでご来駕あそばされました。こうした所縁により、昭和45年10月の楼門落慶に際しては、三笠宮崇仁親王殿下・同妃殿下ご来臨の栄を浴しました。
平成7年4月、心無い者の手により放火の憂き目に会い、本堂・庫裡・客殿・書院など、また重要文化財に指定されていた開山物外可什禅師坐像、本尊聖観世音菩薩像などの数多くの建物、寺宝を焼失しました。 事後処置のため、住職、檀家総代を中心にして同年11月『普濟寺再建委員会』を発足・設置し、再建事業に着手しました。以後50回の会議を経て今日に及び、新本堂建築落成をみました。  (「普濟寺ホームページ – 普濟寺について」より)]

[普済寺(ふさいじ)は、東京都立川市柴崎町にある臨済宗建長寺派の寺院。山号は玄武山。本尊聖観音菩薩。
立川教育文化発祥の地
歴史
この寺は、文和年間(1352年 – 1356年)地頭立河宗恒の開基、物外可什の開山により創建されたと伝えられる。この寺にある場所は武蔵七党の一族である立河氏の居館があったところであり、この寺ははじめ外の場所にあったが立河氏が衰退した後に今の場所へ移されたと見られている。なお、1363年(貞治2年)から1400年(応永7年)までこの寺で「五部大乗経」が刊行されている。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられている。
国宝
石幢
緑泥片岩製の石幢(せきどう)。延文6年(1361年)の造立。普済寺境内のコンクリート製の覆堂内に保存される。
幢の原義は仏堂を荘厳する「はた」の一種で、方形または多角形(六角、八角など)の笠の各辺から布を垂らしたものである。この形を模して石で造立したものを石幢という。普済寺の石幢は六角形の基台石上に板石6枚を組み合わせた六面石幢で、上部には笠石を乗せ、凝灰岩製の受花と後世のものと考えられている宝珠が重ねられている。総高は204.5センチ、6面の板石は各166×42センチ。各板石には四天王(持国天、増長天。広目天、多聞天)及び金剛力士(仁王)像が薄肉彫りされている。広目天像の向かって右脇に「延文六年辛丑七月六日施財性了立道円刻」の銘がある。「性了立道円刻」は「性了」が造立し、「道円」が刻んだとの意で、性了は当寺の物外可什像(1995年焼失)の像内銘にもその名が見え、開山物外可什の関係者(弟子か)とみられる。道円については石幢の四天王像と金剛力士像を刻んだ者とみられるが、詳細は不明である。
考古資料部門の国宝としては最も制作年代の新しいものである。立川市歴史民俗資料館にはこの石幢の原寸大のレプリカが展示されている。
普済寺・wikipedia-photo、六面石幢・wikipedia-photo  (wikipedia・普済寺_(立川市)より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「芝崎 普濟寺」(10-24)、「玄武山 普濟寺解説-1・左ページ中程から」(10-23)、「玄武山 普濟寺解説-2」(10-25)、「玄武山 普濟寺解説-3」(10-26)、「玄武山 普濟寺解説-4・左ページ中程まで」(10-27)

普済寺 – Google Map 画像リンク」「立川氏館跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が普濟寺山門です。

普濟寺本堂前のカメラです。

国宝石幢を祀るお堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*