武蔵国府八幡宮

ストリートビューの初期設定位置は武蔵国府八幡宮参道前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

武蔵国府八幡宮
[大國魂神社の境外末社として鎮座する神社。創建は聖武天皇の御世(724-749)の創建と伝わる。国府八幡宮は各国の国府近くに国衙国分寺の鎮守神として、「一国一社の八幡宮」の一つとして創建されたもので、武蔵国府があったこの地に創建されたのがこの武蔵国府八幡宮である。
今では境内こそ緑化公園となっており広いものの、社殿自体は小さく物寂しさを感じさせられる。また参道途中に踏切があり、京王競馬場線が横切っている。旧甲州街道に面した一の鳥居が、踏み切りをわたったところに二の鳥居が、社殿前にある三の鳥居がある。  (「武蔵国府八幡宮 鳥居巡礼」より)]

[大國魂神社の境外末社。聖武天皇(在位724~749)が一国一社の八幡宮として創立したものと伝えられる古社で、八幡町という地名の由来ともなっています。今もうっそうとした林が神社を取り囲み、荘厳な雰囲気をかもし出しています。  (武蔵国府八幡宮|ぶらり国・府より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「府中八むら八幡宮」(9-42)、「八幡宮解説・左ページ5行目から」(9-43)

武蔵国府八幡宮 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が武蔵国府八幡宮一の鳥居です。

カメラ南南西方向が武蔵国府八幡宮二の鳥居です。

武蔵国府八幡宮神門前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*