白糸台常夜燈

ストリートビューの初期設定位置は白糸台常夜燈前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

白糸台常夜燈
[甲州街道沿道の常夜灯はそのほとんどが秋葉大権現を祀っている。秋葉大権現は静岡県天竜川の上流にある秋葉山をご神体とする「秋葉山本宮秋葉神社」のことで、祭神である火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)は防火の神として知られている。「秋葉路」と呼ばれる参詣の道沿いには道標を兼ねた常夜燈が連なり、今も土地の人々の信仰に守られている。別に、神仏混淆により秋葉三尺坊大権現を祀る「秋葉山秋葉寺」もある。秋葉三尺坊大権現は火焔を背負った天狗の姿で知られており、写真では見にくいが、この燈籠の正面の窓が天狗の羽うちわの形をしているのはこれに由来していると思われる。嘉永壬子年(1852)二月、村内安全、秋葉山大権現、諏訪大明神稲荷大明神。  (「府中市白糸台の常夜燈」より)]

カメラ東北東方向が白糸台常夜燈です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*