称名寺

ストリートビューの初期設定位置は称名寺参道前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

称名寺
[称名寺(しょうみょうじ)は東京都府中市宮西町にある時宗の寺院である。境内には本堂庫裡、地蔵堂が建ち、地蔵堂は日限子育地蔵尊を祀り、近隣の信仰を集めている。寛元3(1245)年、道阿上人一光大和尚開山の古刹。六孫王源経基が武蔵介の時の館址と伝えられている。
享和1(1801)年境内の竹林から徳川将軍家の先祖をさす「世良田徳阿弥親氏、応永一四年四月廿日」銘の板碑が発見されたが、「応永十四年」を「応永一四年」と記載することは中世にはありえないことであるという。島津氏によって自らの先祖と主張する源頼朝の鎌倉の墳墓が整備されたり、毛利氏によって大江広元らの先祖の墓が整備された19世紀初頭頃の状況と酷似しており、先祖作りの創作の可能性が高いという(現在は非公開)。  (wikipedia・称名寺_(府中市)より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「府中 称名寺 弥勒寺 善明寺 高安寺」(9-44)[図会右ページ・右端に称名寺が描かれています。]

諸法山称名寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が称名寺参道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*