西光寺

ストリートビューの初期設定位置は西光寺山門前です。
地図上のアイコン上でマウスクリックし、アイコン移動すると、移動アイコン位置にストリートビューが存在すれば地図下のストリートビュー画面が、その位置のストリートビューに表示変更されます。また、ストリートビュー画面で移動すると地図上のアイコンも移動します。

西光寺
[開山は応永年間(1394~1428)本堂には多くの彫像があり、なかでも三十三応現身像には江戸時代の最高級の彫技を見ることができます。(調布市ホームページ)
西光寺の「観音三十三身像」
観音三十三身像は、観音菩薩が人々を救うために、いろいろな姿で現われるという『法華経』の教えを造形化したもので、観音霊場の33か所という数字も、これを表したものです。このような三十三身像は、奈良県長谷寺など、いくつかの例はありますが、あまり知られていません。旗本長谷川氏が、「天下御泰平国土御安全」のために、元禄11(1698)年に寄進したことが台座裏に記されています。江戸の彫刻の中でも最高級の彫技がみられる点で、注目に値する仏像です。  (調布市ホームページ)]

西光寺 – Google Map 画像リンク」「近藤勇座像 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が西光寺山門です。

西光寺山門前のストリートビューです。カメラ南南東方向に近藤勇座像があります。

西光寺鐘楼門前のストリートビューです。

西光寺本堂前のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*