明神坂

[稲荷坂下を流れる丸子川(六郷用水)に沿って下流へと歩いていくと、 上野毛2丁目と野毛3丁目との町境に明神橋が架かっています。 そこから橋を渡って、上っていく坂が明神坂です。坂が左折するところに世田谷区玉川地団協が建てた標識があります。 傾斜の急な坂で、 滑り止めの舗装がなされています。 坂名は、 坂の左側に「六所明神」があったことに由来します。
なお、 「六所明神」は、 後に野毛2丁目に移転し、 野毛の神社(上野毛稲荷神社)と一緒になりました。  (「明神坂」より)]

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切左下「上野毛」の下に覚願寺が、さらに下に六所明神が描かれています。さらに、覚願寺左下方向に稲荷社(上野毛稲荷神社)が描かれています。六所明神の右側に明神坂があることになります。]

マーカーは明神坂の坂上です。

明神坂上・カメラ南南西方向が明神坂です。

カメラ南方向、電柱の間に明神坂の石碑があります。

明神坂下・カメラ東北東方向が明神坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*