真生寺坂

[真正寺坂  しんしょうじざか
 岩槻街道沿いの 赤羽西派出所から 西へ登る坂です。坂の北側(赤羽西2-14-6付近)に 普門院末の真生寺がありましたが,廃寺となり 坂名だけが残りました。坂の登り口南側にある 明和6年(1769)11月造立の庚申塔に「これより いたはしみち」と刻まれていて,日光御成街道(岩槻街道)と 中山道を結ぶ道筋にあたっていたことがわかります。かつて,稲付の人びとは 縁起をかついで「しんしょう昇る」といってのぼったそうです。  (「北区の坂道真正寺坂 | 東京都北区」より)]

マーカーは真生寺坂の坂上です。

真生寺坂上・カメラ北東方向が真生寺坂です。

真生寺坂下・カメラ西北西方向が真生寺坂で、坂左の電柱左に真生寺坂の標柱があり、手前に庚申塔があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*