車坂

[蝉坂モチ坂の間にあるのが車坂。 この辺りは崖線下に鉄道が何本も敷かれるに従って、崖の上下を繋ぐ道が次々と消滅して行った。 現在車坂は滝野川女子学園を巻くように上っているが、江戸時代の坂はこの辺りから崖を下り、坂下の音無川を渡り王子街道に出ていた。
車坂は昔は車が通れるような広い道ではなかった。しかし現在は周辺に車が通れる坂は少なく、ここを通る車も多い。 今は蝉坂の道と合流して跨線橋で何本もの線路を越えている。
この坂とモチ坂の間は、江戸時代将軍鷹狩り場の管理をする御用屋敷(上中里御用屋敷跡)だった。  (「車坂(北区上中里): ぼのぼのぶろぐ」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 武州豊嶋郡上中里村絵図面」(コマ番号3/4・絵図中央、城官寺と御用屋敷の間、左側の崖崩地に描かれる道が現在の車坂に対応する道になります。)

マーカーは車坂の坂上です。

車坂上・カメラ北北東方向が車坂です。

車坂下・カメラ位置は蝉坂方向からの道との合流点で、カメラ北北東方向の高架橋でJR各線を横断しています。