二合半坂

[九段中学校前から「大神宮通り」に向かって下る坂です。『江戸砂子』に「日光山半見ゆる故ともいふとあり、富士山は一合より十合まで数ふる例に因り、日光山を五合に見つもりていへるにや」とあります。つまり五合の半分であれば二合半というわけでしょう。なお、二合半は一升の半分の半分すなわち四半分で、この分量は「こなから」といわれるところから、「こなからざか」とも呼ばれてきました。   (「千代田区総合ホームページ – 二合半坂(にごうはんざか) 」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」(絵図右中央・田安御門下方向、モチノキ坂の下に二合半坂と記述されています。)

マーカーは二合半坂標識前です。

二合半坂 – Google Map 画像リンク

二合半坂上・カメラ北北西方向が二合半坂になります。

カメラ南東方向が二合半坂標柱です。

二合半坂下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*