紀伊国坂

[「内堀通り」を竹橋から東京国立近代美術館国立公文書館の前を、北桔橋門(きたはねばしもん)前あたりまで上る緩やかな坂です。『紫の一本』(戸田茂睡著)には「紀伊国坂松原小路より竹橋御門へ出る坂をいふ。今の灰小路の所、元尾張紀伊候の御屋敷ありし故なり」とあり、『再校江戸砂子』(菊岡治涼著)には、 「紀伊国坂 竹橋御門へくだる小坂をいふ。むかし此所に尾紀の両御館ありしなり、今赤坂に同名あり」と書かれています。両邸は明暦3年(1657)正月の大火で焼失し、尾張邸は市ヶ谷に、紀伊邸は赤坂に移りました。この大火は「振袖火事」とも呼ばれ、江戸城天守閣もこの時に焼失し、以後再建されませんでした。  (「千代田区総合ホームページ – 千代田区内の坂 – 紀伊国坂(きのくにざか)」より)]

マーカーは紀伊国坂の坂上です。

紀伊国坂上・カメラ東北東方向が紀伊国坂でカメラ南南東方向が北詰橋門です。

カメラ北北東方向に紀伊国坂の標識があります。またその向こうが東京国立近代美術館です。

カメラ北北西方向に竹橋門跡があります。

紀伊国坂下・カメラ位置は竹橋東詰めで、カメラ南西方向が紀伊国坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*