茱萸坂

[永田町一丁目、国会議事堂の南側を東に下る坂です。その先は潮見坂に続きます。番付坂と呼ばれたこともあります。『新編江戸志』では「丹羽家表門見通し、内藤紀伊守殿本多伊勢守殿中屋敷の間、九鬼長門守殿屋敷の前に出る小坂なり。両側にぐみの木ありし故の名なり。」とあります。『新撰東京名所図会』には、「永田町一丁目と三年町の間を清国公使館前に上る坂を呼ぶ。番付坂は茱萸坂の一名にして、昔時山王の祭礼には、必ず此ところにて、花車の番付札ありて其の行列をあらためしよりいう。」とあります。  (「千代田区総合ホームページ – 千代田区内の坂 – 茱萸坂(ぐみざか)番付坂(ばん づけ ざか)」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図」(絵図四つ切右下・山王権現上に丹羽左京太夫上屋敷があり、その正門前から本多豊後守内藤紀伊守中屋敷の間を抜け、九鬼長門守上屋敷前を通り、潮見坂に出る坂が茱萸坂です。丹羽左京太夫上屋敷が明治になり清国公使館になります。現在の茱萸坂より北側にあり、現在の衆議院第一別館あたりにありました。)

マーカーは茱萸坂の坂上です。

茱萸坂 – Google Map 画像リンク

茱萸坂上・カメラ北北東方向が茱萸坂で、道路左が国会議事堂です。

茱萸坂下・カメラ西南西方向が茱萸坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*