御殿坂

[【標識の説明】
文政12年(1829)に成立した「御府内備考」には、「感応寺後と本行寺の間より根津坂本の方へ下る坂なり」とあるが、「根岸」の誤写の可能性がある。明治5年「東京府志科」いは、長さ15間(約27・3メートル)幅2間(約3・6メートル)とあるが、現在の坂の長さは50メートル以上あり、数値が合致しない。以前は、谷中へ上り口に当たる急坂を「御殿坂」と呼んだが、日暮里駅やJRの線路ができた際に消滅したため、その名残である坂の上の部分をこう呼ぶようになったと考えられる。俗に御隠殿(寛永寺輪王寺宮の隠居所)がこの坂にあったからといわれるが、根拠は定かではない。  (「台東区の坂(2) ~ 谷中方面」より)]

マーカーは御殿坂の坂上です。

御殿坂上・カメラ東北東方向が御殿坂です。

御殿坂下・カメラ西南西方向が御殿坂で、坂左に御殿坂の標柱があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*