新坂

[新坂(しんざか)
明治なって、新しく造られた坂である。それで、新坂 という。明治11年(1878)内務省製作の『上野公園実測図』にある「鴬坂』がこの坂のことと考えられ、少なくともこの時期には造られたらしい。鴬谷を通る坂だったので、「鴬坂」ともいわれ、坂下の根岸にちなんだ「根岸坂」という別名もある。  (「新坂(しんざか) – Monumento(モニュメント)」より)]

[台東区立忍岡中学校と寛永寺第二霊園の間を北に下る坂で、坂下に鶯谷駅南口がある。道路はJR山手線、東北本線、宇都宮線、常磐線を高架橋で渡り、鴬谷駅下交差点に出る。]

マーカーは新坂上です。

新坂上・カメラ北北東方向が新坂です。坂右が台東区立忍岡中学校で、左が寛永寺第二霊園になります。

新坂下・カメラ南南西方向が新坂で、坂左に新坂の標柱が設置されています。